Open/Saveダイアログで… with QuickSilver の続き

Open/Saveダイアログで指定のフォルダに移動する簡単な方法 with QuickSilver | airfunc log

の続き。

オリジナルのアクションで自動化してみました。

on open of theFiles
	tell application "System Events"
		set thePath to POSIX path of item 1 of theFiles
		set the clipboard to thePath
		keystroke "g" using {command down, shift down}
		keystroke "v" using {command down}
		keystroke return
	end tell
end open

を/Users/airfunc/Library/Application Support/Quicksilver/Actions
に適当に名前をつけて保存してQuickSilverを再起動。ダイアログを表示したら、QuickSilverでフォルダを指定して保存したアクションを実行します。

実は私はDvorak配列を使用しているので実際には以下のコードだったりします。

on open of theFiles
	tell application "System Events"
		set thePath to POSIX path of item 1 of theFiles
		set the clipboard to thePath
		keystroke "u" using {command down, shift down}
		key code 47 using command down
		keystroke return
	end tell
end open

keystrokeだとペーストがうまくいかないのでkey codeで指定してます。

それから、Open/SaveダイアログだけでなくFinderでも同じスクリプトでフォルダの移動が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です