VMWare FusionにUbuntuをインストールしてみる

zimbra open source editionをUbuntuで試してみるので、まずVMWare FusionにUbuntuをインストールしてみた。

まずUbuntuのインストールイメージファイルをHome | Ubuntu Japanese Teamから取得した。zimbraのインストールパッケージが8.04用らしいので、8.04のイメージを選択。デスクトップ版でもいけるだろうと思って、デスクトップ版をダウンロード。

[新規]で新しくインストール。

ubuntu_install1

インストールイメージを使ってインストールするので,[ディスクを使用せずに続行]をクリック。

ubuntu_install2

写真のようにイメージファイルを選択。

ubuntu_install3

そのまま[続ける]をクリック。

ubuntu_install4

各種情報を記述。

ubuntu_install5

[設定のカスタマイズ]をクリックしてメモリー設定等を変更。

ubuntu_install6

Ubuntuを起動。

ubuntu_install7

起動すると、インストールが開始される。

ubuntu_install8

インストールが完了すると、ログイン画面になる。先ほど設定したユーザ名を入力する。

ubuntu_install9

簡単すぎて、説明が必要ない。スクリーンキャプチャをのせるまでもないような気もするし。

で、肝心のzimbraですが、ネットワークの設定→libgmp3c2とlibstdc++5をaptitudeでインストール→install.shを実行→いろいろ聞かれるので答えていく→各種設定、すると簡単に使えるようになった。日本語リソースもあるので日本語表示で使用可能。デザインがWindowsみたいな感じで、ステキ性が足りないのががっかり(ってグループウェアではそんなことどうでもいいのかな)。そうそうサーバの要求スペックが高いですね。マシン一台占有するくらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です