Drupalの自作モジュールにdefault viewを追加する方法

自作モジュールでviewsのデフォルトviewを使用する方法を簡単にですが、まとめてみました。

viewを作成する

viewsでviewを作成します。作成方法については省略します。

viewをエクスポートする

作成したviewを書き出すために、views_exportモジュールを利用します。views_exportモジュールを有効にしたら、Administer>>Views>>Tools>>Bulk exportにアクセスします。先ほどviewをチェックしてテキストフィールドにこのviewを利用するモジュール名を入力します。exportをクリックするとモジュールに追加する関数とデフォルトviewのコードが表示されます。

モジュールにコードを追加する

例としてmymodule用にexportすると以下の関数が得られます。


/**
* Implementation of hook_views_api().
*/
function mymodule_views_api() {
return array(
'api' => 2,
'path' => drupal_get_path('module', 'mymodule'),
//'path' => drupal_get_path('module', 'mymodule') . '/includes',
);
}

これをmymodule.moduleに追加します。

モジュールのサブディレクトリにviews関連のファイルを配置する場合は、ファンクション内のpath記述をコメントアウトされているものに変更します。

views_defaultファイルを作成する

先ほどpathで指定したディレクトリにmymodule.views_default.incファイルを作成します。PHP開始タグを入力して、さらにexportして得られたコードをそのファイルにコピペします。

Viewsのキャッシュを削除

すでにモジュールをインストールしてあれば、Viewsのキャッシュを削除しなければいけません。Administer>>Views>>Toolsにアクセスして、Clear Views’s cacheボタンをクリックしてキャッシュを削除します。

これで、このモジュールを他のDrupalにインストールすると、自動的にviewが追加されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です