ScalaでHello world!

Scalaのインストールが完了したので、早速Hello world!やってみます。
シェルでscalaコマンドを実行すると、scalaの対話式実行環境が起動します。

scala> print("Hello world!")
Hello world!
scala> println("Hello world!")
Hello world!

scala> printf("%s %s", "Hello", "world!")
Hello world!

printfはネットではprintf(“{0}”, “hoge”)のような記述が見られるんですが、試しても{0}と出力されるだけでした。これはバージョンの違いなんでしょうか。使ってるのは2.7.4.finalなんですが。

それから文字列は”hoge”で文字は’h’ですね。はじめ’hoge’してエラーが出ました。最近はPHPやらRubyやらなのですっかり忘れていましたが、Javaはchar型があるんでしたね。Scalaにもcharがあるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です