人気コンテンツは無料に、ニッチコンテンツは有料に、つまり・・・

最良のモデルは無料と有料の融合
他で真似されるものを限定品だと言って料金を取ることはできない
サイトで一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけない
有料ページにはニッチにアピールするコンテンツを置く。ニッチは狭ければ狭いほどよい
これはいささか直観に反する。メディアサイトがコンテンツを有料化するなら、人気コンテンツではなくニッチ向けにせよと言っているわけだ。

「ロングテール」のアンダーソン氏が提唱する直感に反したオンラインメディア料金体系

たとえばスーパーの安売り。もっとも人気のあるものが安いと、多くの人が買いに行きます。そして結局それ以外の安くもないものも一緒に買ってしまいます。

ということで、私はアンダーソン氏の提唱する料金体系とスーパーの安売りは似ていて、非常に直感的であると思いますし、その通りだと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です