iPhone で 3D CG! OpenGL ES を使ってみよう – WebOS Goodies

 

実は私は数年前まではゲーム開発をしていまして、 3D CG には少なからず興味があります。さらに OpenGL はC言語ベースのクロスプラットフォームな API なので、 Mac OS X 特有のアーキテクチャにほとんど触れずに開発ができます。そんなこんなで、無謀にも Cocoa を差し置いて OpenGL プログラミングを始めたわけです。まあ、 OpenGL だけでなにをするんだという話もありますが、マルチタッチや加速度センサーの取得あたりを我慢して Objective-C で実装すれば、そこそこ面白いものが作れるかな、と思っています。

ということで、本日はこれまで調べたことをまとめて、 iPhone での OpenGL プログラミングの始め方をご紹介します。 Xcode のテンプレートから始めて、簡単な図形の表示、ライティング、そしてテクスチャーマッピングまでを扱っていますので、 iPhone 上の 3D CG に興味のある方は、参考にしてください。

[From iPhone で 3D CG! OpenGL ES を使ってみよう – WebOS Goodies]

 

OpenGL ESを利用したアプリの開発の入門に。とても分かりやすく説明されています。ページ最後の参考資料もおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です