日本語入力プログラム「かわせみ」を使ってみた

以前使っていたegbridgeが終了してしまって、しかたなくATOKを使ってました。

が、ついに物書堂さんが発売した日本語入力プログラム「かわせみ」が公開されました。一部機能が削られていますが、かな漢字変換エンジンやインターフェースはegbridge Universal 2のものです。

この文は「かわせみ」で入力しています。

これまでTeslaを使って親指シフトで入力していましたが、かわせみでもTeslaを問題なく使用できました。

そして最も重要な点ですが、egbridge Universalと同様、ATOKより入力に対する反応が速いです。Teslaで親指シフト入力していますが、ATOKだとキー入力し終わったあとにタタタと表示がついてくるといった感じでしたが、かわせみはキー入力した瞬間に表示されます。親指シフトは入力が速いとされてますが、ATOKでは意味ない!って状態だったのが、やっとまともに使えるIMになりました(戻ることができました、かな)。どんなに変換効率が良くても遅くてはストレスですからね。

そしてこれまた重要な変換効率ですが、ATOKと遜色ない感じです。というか、egbridgeエンジンなんで馴染みのものです。

それから、ATOKは環境設定とかキー割当とかのツールが使いにくいですが、egbridgeは使いやすかったので、かわせみも当然使いやすいですね。ただ問題もあって、Dvorakではキー割り当て編集ツールで正しく割り当てられないという障害があります。これはegbridge時代からの問題で、一度US配列にしてキー割り当てしてDvorakに戻すと、割り当てられます(割り当て方に工夫が必要ですが)。

また、要望もあります。句読点変換だと読点入力で毎回変換されてしまうので、句点変換も追加して欲しいです。

価格ですが1ライセンスとファミリーパックがあって、この価格。

ライセンス数:1(1台のみの Macにインストールしてご利用いただけます)

価格:1,995円(税込)

かわせみ ファミリーパック

ライセンス数:3(3台までの Macにインストールしてご利用いただけます)
価格:3,990円(税込)かわせみ | Mac | 物書堂

IMでこの価格は安い。かわせみには体験版がありますが、インストールする前に購入決定。

というわけで、ATOKに避難してましたが、今後は「かわせみ」にお世話になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です