Libera Memory Residentを導入

メモリのInactive値を監視し設定値以上になったら解放を試みる『Libera Memory Resident』 | Macの手書き説明書を読んで Libera Memory Residentを導入。

Libera Memoryはたまに使っているので、自動化になるのはうれしい。

実際にメモリを解放しているのはPHPスクリプトらしい。

これってlaunchdを使っているということなんで、ログイン項目には追加する必要はないということかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です