AIR: WindowにHello worldを表示してみた

Flexは以前すこしいじったことはありますが、完全に忘れました…。たしかバージョンが違うし。

なので、AIR SDKについてきたSampleのAIRアプリ定義XMLを参考にしつつ、Flex 4でWindowにHello Worldを表示してみます。

まずMXML。HelloWorld.mxml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<s:WindowedApplication xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml/2009"
               xmlns:s="library://ns.adobe.com/flex/spark">
    <s:Label text="Hello world!"/>
</s:WindowedApplication>

Flex 4なのでSparkを使用。

そしてAIRアプリ定義。HelloWorld-app.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 
<application xmlns="http://ns.adobe.com/air/application/1.5.3"> 
    <id>samples.flex.HelloWorld</id> 
    <name>
        <text xml:lang="en">Hello World Application 0.1</text>
    </name>
    <version>0.1</version> 
    <filename>HelloWorld</filename> 
    <initialWindow>
            <content>HelloWorld.swf</content>
            <title>Hello World Application</title>
    </initialWindow>
</application>

コンパイルしてアプリをデバッグ実行してみます

$ amxmlc HelloWorld.mxml
$ adl HelloWorld-app.xml


hw_air
みごとにWindowが表示され、左上に小さくHello world!と表示されました。…中央に大きく表示したほうがいいですよね。でも疲れたので今日はここまでw。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です