Evernote無料版で容量を気にせずSafariからクリップする方法

(MacユーザでWindows版は知らないので、Macでのことを書きますが、たぶんWindows版でも同様のことができるのではないかと思います。)

Evernoteの無料版は40MBの容量制限があります。私は今は有料版を利用しているので、あまり容量の心配はありませんが、無料版の時は主にSafariから大量のクリップを作成したりPDFを保存したりして、容量制限にかかってしまうことがありました。

そういうときはローカルノートブックを利用することで容量制限を回避していました。Evernoteのデスクトップアプリではローカルノートブック作成することができます。ローカルノートブックにはいくらでもHDDの容量の限りノートを作成することができます。

具体的にはまず、Evernoteデスクトップアプリでローカルノートブックを作成します。

次にEvernoteデスクトップアプリの環境設定で規定のノートブックにローカルノートブックを指定します。

これで、Safariからページをクリップしたりショートカットキーでノートを作成すると、自動的にローカルノートブックに保存されることになり、容量制限を気にする必要がなくなります(ブックマークレットからEvernote Webでの場合は同期されたノートブックにしか保存できません)。

ただしローカルノートブックは、それを作成したマシンでしか参照できません。他のマシン、たとえばiPhoneで読みたい場合は、読みたいノートだけ「同期されたノートブック」に移動することになります。(すべての記事を同期していると記事が多くなりすぎるので、読みたい記事だけ同期するほうが便利かもしれません。)

「Evernote無料版で容量を気にせずSafariからクリップする方法」への2件のフィードバック

  1. なるほど、この手がありましたね!
    ローカルなら保存先が自分のHDDだから、容量を気にする必要もないと。
    Evernoteを使うのは自宅のMacとiPhoneがほとんどだから、この使用法で十分だったかも。(有料版に変更したばかりです)

    出先でiPhoneで見る情報は限られてるし、ネットワーク上に置くノートブックは厳選した方がよさそうですね。
    今は何でもかんでも同期して、やたらと重くなってる状態です(^^ゞ

  2. 無料アカウントを使用していますので、
    大変参考になりました。

    ローカル保存という方法は、
    解説書等でもあまり見かけませんので、
    とても勉強になりました。

    同期するものとしないものを、
    あらかじめ決めておく方が、
    私の場合、便利です。

    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です