Custom TaxonomyとSimple Taxonomy

追記: あとでPlugin名がどちらもTaxonomyではなくTaxonomiesであることに気付いたorz。

WordPress2.8で追加された機能 – Taxonomyを利用するためにはコードを追加しないといけない。けどそれは面倒なんで、Pluginに面倒を見てもらおうと調べたらCustom TaxonomyとSimple Taxonomyがヒット。

Custom TaxonomyはWordPress2.8にコードが取り込まれたらしい(未確認)。wp_custom_taxonomiesというテーブルを追加してTermのネストやら複数選択やらをコントロールできるようになるなど、高機能。PostだけでなくPageやリンク用のTaxonomyも作成できる。

Simple Taxonomyは単純にTaxonomyを有効にして、Taxonomyの管理画面や投稿画面にTerm作成用のUIが追加される。機能は少ない。しかし投稿に自動的にTermを表示するという、Custom Taxonomyには無い機能がある。

自動Term表示は専用のPluginがあるかもしれないと思ったので、調べてみた。が、見つからなかった。

おそらくCustomの方を利用するだろう。

Drupalだったらもっと簡単なんだけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です