Evernoteのノートブックとタグ – 私の使い方

最近流行のEvernoteですが、使い初めはノートブックとタグの使い分けに戸惑いました。現在私がどのようにその二つを使用しているかを記します。Evernoteは人によって利用方法がかなり違ってくると思います。ので、ノートブックとタグの利用方法も人によって変わります。読者の方それぞれの使い方を研究するための参考になるとうれしいです。

ノートブック

私は以前はノートブックを大分類、タグを小分類で使っていました。しかし大分類を小分類に降格するときのために、大分類(ノートブック名)と同じものをタグでつける必要があります。また、二つの大分類に所属することができません。つまり分類を二つの仕組みで行うことは面倒なのです。それに検索すればタグや本文だけで必要なものは見つけられます。検索を保存することもできます。ので、ノートブックはメタデータとして使用しない方がいいと考えました。

では何に使うかですが、これまでの人生でノートブックを使ったというと主に学習です。学習のノートブックの目的は学習内容をまとめたりする作業場だと考えました。そこでノートブックは作業する場所にしてみました。

何かを調査する場合に調査用のノートブックを作成して、関係するノートをそのノートブックに移動します。そしてノートブックを開けばいつでも作業が開始できます。

ノートごとにタグがばらばらで検索しづらくてもノートブックにまとめれば一覧になります。

ということでノートブックはメタ分類ではなく作業場(作業分類)として利用しています。

作業が終了したら、ノートブックをそのまま残しても良いし、ノートを保管用ノートブックに移動して作業ノートブックを削除しても良いです。

タグを削除するには一つ一つのノートのタグを確認してから削除しないとノートが検索しづらくなり、タグは削除することを前提としてはいません。一方、ノートブックをメタ分類に利用しなければ、ノートを移動するだけでノートブックを削除ができます。ノートブックは頻繁に作成と削除を繰り返して、よりアクティブにEvernoteを利用することができるようになります。

タグ

  • テキストメモやWebクリップ等のテキストが多いものは、タグはあまり付けなくても検索で出てきます。
  • 写真やイラストなどは確実にタグ付けしないと検索しづらくなります。
  • 1ノートのタグ数は1〜3くらいにしています。経験上、私はそのくらいで十分なので。
  • 整理する時にタグを再検討するので、Webクリップのときはあまり気を使わなくても大丈夫。
  • 内容に関係ない「状態」や「評価」に関するタグは本文には現れないので、必要であれば確実に付けておきます。
  • 評価タグは★★★★と付けたりしてます。
  • 状態はState:hogeというようにつけています。
  • タグ名の単語に関係ない複数の意味がある場合は、上記状態タグのように接頭辞をつけてタグを分けています。
  • 使用頻度が高いタグでその英単語に慣れているものは英単語で付けています。そうすると補完がすぐに表示されます。たとえば私ならSecurityとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です