Cinderで画像を表示する

Getting Startedを引き続きやってみる。

Cinderでの画像の表示。

ImageIo.hの読み込み。

#include "cinder/ImageIo.h"
#include "cinder/gl/Texture.h"

FirstCinderAppでテクスチャを宣言。

gl::Texture myImage;

image.jpgというファイルを追加して、読み込み。

myImage = gl::Texture( loadImage( loadResource( "image.jpg" ) ) );

このコードをsetup()に記述。

描画はdraw()で以下のコードを記述。

gl::draw( myImage, getWindowBounds() );

実行してみる。
201011291517.jpg

getOpenFilePathを使用するとオープンダイアログでの選択が可能。URL url(“http://example.com/image.jpg”);gl::Texture(loadImage(loadUrl(url)));でネットのリソースを読み込むことができるらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です