Objective-C/Cocoaにおける例外の利用についてのメモ

Objective-C/Cocoaでの例外の利用についてのメモ。

例外は以下のような予期されない論理上のエラーを伝播するために利用する。

  • 配列の添字が境界外である
  • 不変オブジェクトに変更を試みた
  • 引数の型が不正

このような例外はテストで捕捉して問題を解決するもので、アプリケーション利用時には例外を処理する必要は無いというのがあるべき姿である。

予期されるエラーを捕捉するために例外の代わりにエラー(NSError)を利用する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です