Homebrewの導入と使い方

Homebrewとは

MacのUNIXツールをインストールするためのパッケージ管理システムです。Macのパッケージ管理システムではMacPortsが有名ですが、最近はHomebrewの人気が上がってきました。

公式サイト: Homebrew — MacPorts driving you to drink? Try Homebrew!

MacPortsとの比較

Homebrewの人気が上がってきた理由ですが、MacPortsと比べて依存関係でインストールされるソフトウェアが少ないという点があります。MacPortsは依存するソフトウェアを、Mac OS Xに標準でインストールされているソフトウェアを利用せずに、新規にインストールするという特徴があります。しかしHomebrewはMac OS Xにすでにあるものは、できるだけそれを利用するように設計されています。

またMacPortsはスーパーユーザで実行する必要画ありますが、Homebrewは一般ユーザで実行してインストールすることが出来ます。

その他の違いには、MacPortsではソフトウェアは/opt/localにインストールされますが、Homebrewは標準では/usr/localを利用することになります。

Homebrewのインストール

システム要件は

下記コマンドを実行してインストールします。

$ ruby -e "$(curl -fsSLk https://gist.github.com/raw/323731/install_homebrew.rb)"

ソフトウェアをビルドするためにXcodeのインストールが必要です。Xcode4から有料になりましたが、Xcode3は無料です。下記ページの Looking for Xcode 3? からダウンロードしてインストールします。

Download Xcode 4 – Apple Developer

インストールの詳細についてはInstallation – GitHubを参照してください。

Homebrewのアンインストール

下記のコマンドを入力するとHomebrewをアンインストール出来ます。

$ cd `brew --prefix`
$ rm -rf Cellar
$ brew prune
$ rm `git ls-files`
$ rmdir Library/Homebrew Library/Aliases Library/Formula Library/Contributions
$ rm -rf .git
$ rm -rf ~/Library/Caches/Homebrew

Homebrewの使い方一覧

Command Consequence
brew install foo fooをインストール
brew install --HEAD foo fooのHEADバージョンをインストール
brew install --force --HEAD foo fooの新しいHEADバージョンをインストール
brew search インストール可能なすべてのformulaを表示
brew search foo インストール可能なformulaからfooを検索
brew search /foo/ 正規表現fooを検索
brew list インストール済みのformulaeを表示
brew list foo fooのインストールしたファイルを表示
brew info --github foo foo formulaのGithub履歴ページをブラウザで表示
brew info インストール済みのHomebrewパッケージのサマリーを表示
brew info foo インストール済みのfooのすべての情報を表示
brew home HomebrewのWebサイトをデフォルトブラウザで表示
brew home foo fooのWebサイトをデフォルトブラウザで表示
brew update HomebrewのformulaeとHomebrew自体をアップデート
brew remove foo fooのアンインストール
brew create [url] ダウンロード可能なファイルのURLのformulaを生成して$BREW_EDITORか$EDITORで指定されているエディタで開く
brew create url-of-tarball --cache formulaを生成して、tarballをダウンロードする。md5をformulaテンプレートに追加する。
brew create --macports foo どのようにfooをインストールするか調べるために、MacPortsパッケージ検索ページでfooを検索する。
brew create --fink foo Finkで同様のことを行う。
brew edit foo formulaを$HOMEBREW_EDITORか$EDITORで開く
brew link foo fooのインストールされたファイルのHomebrew prefixシンボリックリンク作成する。(Homebrewでインストールすると自動的に行われる。DIYインストールを行った場合に有用。
brew unlink foo Homebrew prefixシンボリックリンクを削除する。
brew prune Homebrewprefixからデッドシンボリックリンクを削除する。
brew outdated 利用可能なアップデートバージョンが存在するformulaを表示する。新しいバージョンをインストールするにはbrew install fooを実行する。
brew upgrade 利用可能なアップデートバージョンが存在するformulaをすべてアップグレードする。
brew --config Homebrewのシステム設定を表示する
brew --prefix Howebrew prefixのパスを表示する。(普通は /usr/local)
brew --prefix (formula) インストールされたformulaのパスを表示する。
brew --cellar Homebrew Cellarのパスを表示する。(普通は /usr/local/Cellar)
brew --cache Homebrew キャッシュダウンロードのパスを表示する。(普通は ~/Library/Caches/Homebrew)
brew doctor インストールの一般的な問題をチェックする。
brew audit すべてのformulaeのコードとスタイルの問題を検査する。
brew cleanup foo インストールしたすべてもしくは特定のformulaeの古いバージョンをcellarから削除する。すべての場合はbrew cleanupを実行する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Get Adobe Flash player