「予言」ブログの作り方を考えてみる

地震の予言をやってる方もいるようだが、簡単な「予言」ブログの作り方を考えてみる。

 

【方法】

何か起きたら投稿する。作成日・更新日を少し前の日時に設定する

 

【注意点】

  • 作成日や更新日が変更できなかったり、URLに日付や投稿IDが入るサービス・設定は選ばない。
  • ページに表示される日付は予言を行ったとする日付を表示するが、ページだけでなくRSSにも気をつける。更新日が入る場合がある。たしかAtomは更新日が入るので利用しない。
  • もし作成日を変更できない場合は、事前に未公開記事を作成しておき利用する。
  • もし更新日を変更できなかったり、RSSで更新日が表示される場合には、カテゴリーやタグを変更して、更新したことにする。
  • Web Archiveに履歴が残らないので古すぎる日付を付けない。新しければまだ巡回されていなかったと言える。
  • 有名になると監視されるので、やりすぎない。

多くの人は本当に過去に予言したのか調べず、ページの日付をみるだけで結構信じるらしいので、この程度でいいと思うが、より良い方法があれば教えていただきたい。

ということで、世にある予言ブログは上記について調べれば、しっぽがつかめる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です