Evernote 2.2 Beta1でついにノートリンク機能が追加

Evernote 2.2 Beta1 for Macでノートリンク機能が追加されました。
これはノートのURLを取得して、利用することができる機能です。

メニュー:編集→ノートリンクを実行すると、選択中のノートのURLを取得することができます。これをノートや他のアプリで利用することができます。

リンクをノートに貼り付けると、ノートのタイトルが表示されて、属性としてリンクが付きます。

ノート間で行ったり来たりできるようになるので、より使いやすいノートを作成することができるようになります。

他のアプリからもノートを参照できるようになるので、たとえばOmniFocusのタスクからEvernoteのノートを参照することもできるようになるので。さらにEvernoteの利用法が広がりそうです。

リンクは「evernote:///view/1307184/s11/a9bc7f7c-31cd-4767-9959-91201f75726a/a9bc7f7c-31cd-4767-9959-91201f75726a/」の形式になるので、Webインターフェースからこのリンクをクリックすると、Macクライアントが起動してノートが表示されます。Webインターフェース内での移動にはならないので注意が必要です。

ちなみに新しいノートは同期するか、ローカルノートブックに属していないとリンクが取得できません。

現在はAppleScriptからはノートリンクは取得できないようです。将来的には取得できるようになってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です