Google ChromeからEvernoteにページをPDFで保存するAppleScript


色々なアプリケーションからPDFとしてEvernoteに保存するAppleScriptでより汎用的なスクリプトを公開しています。

SafariでページをPDFとしてEvernoteに保存するのは簡単ですが、Google Chromeではプリントメニューを表示してPDFボタンをクリックしてPDFをEvernoteに保存をクリックしなければPDFとしてEvernoteに保存することができません。

のでChromeからEvernoteにページをPDFで自動保存するAppleScriptを作成しました。

準備として、システム環境設定の「ユニバーサルアクセス」にある「補助装置にアクセスできるようにする」をオンにしてください。

以下がスクリプトです。このスクリプトをスクリプトエディタで保存して、スクリプトメニューから実行するなりLaunchBarやQuicksilverから実行するなりすれば、Chromeで開いているページをPDFとしてEvernoteに保存できます。

tell application "Google Chrome" to activate
tell application "System Events" to tell process "Google Chrome"
	click menu item named "印刷…" of menu 1 of menu bar item named "ファイル" of menu bar 1 --	keystroke "p" using command down	
	repeat until exists menu button named "PDF" of window 1
		delay 0.2
	end repeat
	tell window 1
		click menu button "PDF"
		repeat until exists menu item named "PDFをEvernoteに保存" of menu 1 of menu button "PDF"
			delay 0.2
		end repeat
		click menu item named "PDFをEvernoteに保存" of menu 1 of menu button "PDF"
	end tell
end tell

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です