TestFlight SDKを利用する

簡単にAdhocアプリを配布できるTestFlightからSDKがリリースされました。

  • セッション
  • クラッシュリポート
  • アプリ内での質問
  • チェックポイント
  • リモートロギング
  • アプリ内アップデート

といった機能があるようです。

早速組み込んでみたいと思います。

SDKのページからSDKをダウンロードして解凍します。

libTestFlight.aとTestFlight.hをXcodeプロジェクトに追加します。TestFlight.hを利用するファイルでimportするのですが、簡単に行うにはprojectname_Prefix.pchファイルの#ifdef __OBJC__セクションに#import “TestFlight.h”を記述します。プリプロセッサマクロで#ifdef ADHOCのように分岐するといいと思います。

http://testflightapp.com/dashboard/team/にアクセスしてeditをクリックしてチームトークンを取得します。取得したら
-(BOOL)application:(UIApplication *)application
didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
[TestFlight takeOff:@”チームトークン”];
}
と記述します。チームトークンのところは書き換えてください。

結果はすべてビルドページで閲覧できます。

クラッシュリポートを有効にするにはビルドセッティングでDeployment Post Processing,Strip Debug Symbols During Copy,Strip Linked ProductをNoに設定します。アプリがクラッシュするとビルドページに表示され、スタックとレースなどを確認することができます。

チェックポイントを設定するには[TestFlight passCheckpoint:@”CHECKPOINT_NAME”];とします。チェックポイントを通過したデバイスの割合をビルドページで確認できます。

フィードバックを行えるビューを表示するには[TestFlight openFeedbackView];とします。フィードバックが送信されるとビルドページで確認して、返信することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です