Raspberry Pi 2のセットアップ

iOSアプリ開発時にWebサーバのテスト用サーバをRaspberry Pi 2で動作させるためにRaspberry Pi 2をセットアップする。

Raspberry Pi 2のセットアップ

OSのインストール

インストールの作業はMacで行った。

OSはRaspbianを利用する。RaspbianのイメージファイルのダウンロードはRaspbian公式サイトからでは遅いので、北陸先端科学技術大学院大学のミラーサイトからダウンロードする。ミラーサイトのraspbian-[日付]フォルダの最新のフォルダを選択して[日付]-raspbian-wheezy.zipをダウンロードする。

SDカードにダウンロードしたイメージを書き込むには、まずSDカードをMacに接続して、ディスクユーティリティでそれをFAT32(ディスクユーティリティではMS-DOS(FAT)と表示される)でフォーマットする。

メニューバーのAppleメニューから「この Mac について」を選択する。さらに「システムレポート…」を選択し、システムレポートが表示されたら「カードリーダー」を選択する。先ほど初期化したSDカードの「BSD 名」を調べる。disk[数字]の様なである。スクリーンショットではdisk4である。
Voila Capture 2015 08 16 08 16 30 午前

ディスクユーティリティでSDカードのパーティションをアンマウントする。SDカードはアンマウントしない。

ターミナルを開く。ダウンロードしたイメージのフォルダに移動して以下のコマンドを実行して、イメージをSDカードに書き込む。

sudo dd bs=1m if=2015-05-05-raspbian-wheezy.img of=/dev/rdisk4
ifにはダウンロードしたファイル名を指定し、ofのrdisk4は先ほど調べたdisk4の先頭にrをつけた名前にする。実行するとMac OS Xの管理者のパスワードの入力を求められるので入力する。しばらくすると書き込みが終わる。

ディスクユーティリティでSDカードをアンマウントしカードをMacから取り出す。

OSの初期設定

Raspberry Pi 2にSDカードを挿入して、キーボードとディスプレイを接続し、USBケーブルで電源に接続すると起動する。初回の起動ではRaspberry Pi Software Configuration Toolが表示される。

パーティションの拡張

初期設定ではSDカードのすべての領域を利用するようになっていないのでExpand Filesystemを選択してSDカードの全領域を認識するように設定する。

パスワードの変更

Change User Passwordでパスワードを変更しておく。

X Window Systemの起動

サーバ用途なのでX Window Systemを手動起動に変更するためにEnable Boot to Desktop/Scratchを選択して、Console Text console, requiring loginを選択する。(デフォルトでは選択してあった)

ロケール等の設定

Internationalisation Optionsを選択してChange TimezoneでAsia->Tokyoを選択する。日本語フォントがインストールされていないのでLocaleは変更しない。Keyboard Layoutは必要であれば変更する。

その他設定

Advanced Optionsを選択する。

  • Hostnameを選択してホスト名を入力する。初期設定はraspberrypiになっている。
  • SSHを選択してEnableにする。

これでConfiguration Toolでの設定は完了なのでFinishを選択する。

無線LAN子機の設定

BUFFALOのWLI-UC-GNMを利用してWiFiに接続する。

WLI-UC-GNMをRaspberry Pi 2のUSBポートに刺す。

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confを編集して
network={
ssid="機器のSSID値"
psk="SSIDに対応する暗号化キー値"
}

を追記する。
sudo ifdown wlan0を実行して子機を停止させ、sudo ifup wlan0で再度起動する。

ifconfig wlan0でIPアドレスを確認する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です