DefaultZoom – ページのズーム率を保存して再現するSafari Extension

DefaultZoomは、ズーム率を保存・再現するSafari機能拡張です。

Safariで表示の拡大・縮小をすると自動的に拡大・縮小率を保存します(率はドメイン毎に保存されるので、同じドメインのページ毎に保存することはできません)。再度そのドメインのページを開くと、前回保存した拡大・縮小率を再現します。

また、デフォルトの拡大・縮小率を指定できるので、ページを常に大きく(小さく)表示することができます。デフォルトの値は環境設定の機能拡張の設定で行います。デフォルトでは100%(拡大・縮小無し)になっています。

拡大・縮小はCommand + (+ / -)で行います。拡大・縮小メニューによる拡大・縮小率は保存されません。

コンテクストメニューのReset Zoomメニューでズームのリセットを行えます。

もっと大きな文字で見たいという方や、大きな画面を利用している場合に役に立つと思います。

以前開発したSafariAutoZoom SIMBL Pluginの代替として開発しました。SafariAutoZoomをお使いの方は、こちらをお使いになる方がドメイン毎にコントロールできるので便利かと思います。

ダウンロード: DefaultZoom.safariextz.zip (Ver. 1.0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です