VMWare FusionにUbuntuをインストールしてみる

zimbra open source editionをUbuntuで試してみるので、まずVMWare FusionにUbuntuをインストールしてみた。

まずUbuntuのインストールイメージファイルをHome | Ubuntu Japanese Teamから取得した。zimbraのインストールパッケージが8.04用らしいので、8.04のイメージを選択。デスクトップ版でもいけるだろうと思って、デスクトップ版をダウンロード。

[新規]で新しくインストール。

ubuntu_install1

インストールイメージを使ってインストールするので,[ディスクを使用せずに続行]をクリック。

ubuntu_install2

写真のようにイメージファイルを選択。

ubuntu_install3

そのまま[続ける]をクリック。

ubuntu_install4

各種情報を記述。

ubuntu_install5

[設定のカスタマイズ]をクリックしてメモリー設定等を変更。

ubuntu_install6

Ubuntuを起動。

ubuntu_install7

起動すると、インストールが開始される。

ubuntu_install8

インストールが完了すると、ログイン画面になる。先ほど設定したユーザ名を入力する。

ubuntu_install9

簡単すぎて、説明が必要ない。スクリーンキャプチャをのせるまでもないような気もするし。

で、肝心のzimbraですが、ネットワークの設定→libgmp3c2とlibstdc++5をaptitudeでインストール→install.shを実行→いろいろ聞かれるので答えていく→各種設定、すると簡単に使えるようになった。日本語リソースもあるので日本語表示で使用可能。デザインがWindowsみたいな感じで、ステキ性が足りないのががっかり(ってグループウェアではそんなことどうでもいいのかな)。そうそうサーバの要求スペックが高いですね。マシン一台占有するくらい。

WP-Syntax pluginを導入

syntaxhighlighter pluginを導入したけど、

  • 必ず言語を指定しないといけない
  • 対応言語が少ない

という理由で取り止め。

代わりにWordPress › WP-Syntax « WordPress Pluginsを導入。どうやらこれが本命らしい。

使い方は<pre lang=’PHP’ line=’1′></pre>でコードを囲む。line属性は行番号を何番から始めるかの指定。

WordPressをCORESERVERにインストール

このブログを始めるためにWordPressをCORESERVERにインストールした。

まずCORESERVERでドメインとデータベースの設定。

次にwordpressをインストール。

$ mkdir tmp
$ cd tmp
$ curl -O http://ja.wordpress.org/wordpress-2.6.1-ja.zip
$ unzip wordpress-2.6.1-ja.zip
$ mv wordpress/* ~/public_html/blog.example.com/
$ cd ~/public_html/blog.example.com/
$ vi wp-config-sample.php
(データベース名・ユーザ名・パスワード・auth keyの書き換え)
$ mv wp-config-sample.php wp-config.php
$ touch .htaccess
$ chmod 666 .htaccess
$ vi wp-admin/.htaccess

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

http://blog.example.com/wp-admin/install.php
にアクセスしてごにょごにょして完了。
セットアップは適当に。