Passengerの導入

$ sudo gem install passenger
$ sudo passenger-install-apache2-module

/etc/apache2/httpd.confに以下を追加。

LoadModule passenger_module /opt/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-2.2.5/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /opt/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-2.2.5
PassengerRuby /opt/local/bin/ruby

Passenger Preference Pane · Fingertipsを使って簡単に設定できるようにする。ダウンロードしてMacPortsのApache2に対応させるために

$ mv passenger_pane_config.rb.ports Passenger.prefPane/Contents/Resources/passenger_pane_config.rb


して、Passenger.prefPaneをインストール。したけど、正常に動かず。

手動でhttpd.conf等を書き換えて設定。

Snow LeopardにMacPortsでApache+MySQL+PHPのWebアプリケーション開発環境を作成する

MacPortsでApache+MySQL+PHPをインストールしてWebアプリケーション開発環境を作成します。

Mac OS X 10.6 Snow LeopardにMacPortsとDeveloperToolsをインストールしていることを前提にしています。

Apacheのインストールと設定

MacPortsでApacheをインストールします。

$ sudo port install apache2


インストールの最後に以下の文が表示されます。

###########################################################
# A startup item has been generated that will aid in
# starting apache2 with launchd. It is disabled
# by default. Execute the following command to start it,
# and to cause it to launch at startup:
#
# sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.apache2.plist
###########################################################

Apacheはlaunchdで開始するようになっています。デフォルトでは無効になっているので、sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.apache2.plistを実行して有効にします。有効にするとApacheが起動します。また、OSを再起動してもApacheが自動的に起動されるようになります。

Apacheの動作確認のため、ブラウザでlocalhostもしくはシステム環境設定の共有で指定したコンピュータ名.localにアクセスします。正しく動作していれば「It works!」と表示されます。

開発環境なので、Apacheのドキュメントルートを~/Sitesフォルダに、実行ユーザを自分のユーザアカウントに変更します(ルートを変更せずに#Include conf/extra/httpd-userdir.confの#を削って有効にすれば、ユーザごとにSitesフォルダが使用できるようになります。)。さらに、機能や設定を自由に変更できるようにします。

/opt/local/apache2/conf/httpd.confファイルの
User wwwをUser yourusername
DocumentRoot “/opt/local/apache2/htdocs”をDocumentRoot “/Users/yourusername/Sites”

<Directory “/opt/local/apache2/htdocs”>を<Directory “/Users/yourusername/Sites”>

(上記Directory内の)Options Indexes FollowSymLinksをOptions All、AllowOverride NoneをAllowOverride All

に変更します。

これらの変更を以下のコマンドでApacheに適用します。

$ sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl graceful


再度localhostにアクセスすると、/Users/yourusername/Sitesが表示されます。

MySQLのインストールと設定

続いてMySQLをインストールします。

$ sudo port install mysql5-server

起動する前にデータベースの設定をしておきます。my.cnfを設置して編集します。

$ sudo cp /opt/local/share/mysql5/mysql/my-medium.cnf /opt/local/etc/mysql5/my.cnf


[client]
default-character-set=utf8
[mysqld]
datadir=/Users/yourusername/local/var/mysql
language=/opt/local/share/mysql5/mysql/japanese
default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake
[mysqldump]
default-character-set=utf8
[mysql]
default-character-set=utf8

MacPortsでインストールしたときに以下の文が表示されます。

###########################################################
# A startup item has been generated that will aid in
# starting mysql5-server with launchd. It is disabled
# by default. Execute the following command to start it,
# and to cause it to launch at startup:
#
# sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist
###########################################################
******************************************************
* In order to setup the database, you might want to run
* sudo -u mysql mysql_install_db5
* if this is a new install
******************************************************

これまでMySQLをインストールしたことがない場合はsudo -u mysql mysql_install_db5を実行します。sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plistを実行して起動します。mysql5を実行するかSequel ProでMySQLサーバに接続して、動作しているか確認します。ソケットは/opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sockです。

PHPのインストールと設定

PHP5.2系をインストールします。以下の設定が可能です。

$ port variants php52
php52 has the variants:
   apache: Add Apache 1 web server module
     * conflicts with apache2 no_web
[+]apache2: Add Apache 2.2 web server module
     * conflicts with apache no_web
   darwin_10: Platform variant, selected automatically
   dbase: Add dBase file format support
   debug: Enable debug support (useful to analyze a PHP-related core dump)
   fastcgi: Add FastCGI web server binary
     * conflicts with no_web
   gmp: Add GNU MP multiprocessing functions
   imap: Add IMAP protocol support
   ipc: Add semaphore, shared memory and IPC functions
   macosx: Platform variant, selected automatically
   macports_snmp: Add SNMP support using MacPorts SNMP
     * conflicts with snmp
   mssql: Add MS-SQL server support
   mysql4: Add MySQL 4 support
     * conflicts with mysql5
   mysql5: Add MySQL 5 support
     * conflicts with mysql4
   no_web: Don't include any web server support
     * conflicts with apache apache2 fastcgi
   oracle: Add Oracle oci8 database functions with the Oracle Instant Client
   pcntl: Add process control functions
   pear: Add PEAR
   postgresql82: Add postgresql82 support
     * conflicts with postgresql83
   postgresql83: Add postgresql83 support
     * conflicts with postgresql82
   pspell: Add pspell spell-checking functions
   readline: Add GNU readline functions
   snmp: Add SNMP support using Apple SNMP
     * conflicts with macports_snmp
   sockets: Add socket communication functions
   sqlite: Add SQLite support
   suhosin: Add Suhosin patch
   t1lib: Add PostScript Type 1 font support with t1lib
   tidy: Add Tidy support
   universal: Build for multiple architectures


とりあえずApache2 / MySQL / PEARを指定しますが、たとえばSQLiteのサポートが必要であれば+sqliteを指定したり、必要なものを指定します。また、PHP 5.3系を利用する場合はphp52ではなくphp5ポートを利用し、+mysqlではなくphp5-mysqlポートをインストールします。

$ sudo port install php52 +apache2+mysql5+pear
To customize php, copy
/opt/local/etc/php5/php.ini-dist (if this is a development server) or
/opt/local/etc/php5/php.ini-recommended (if this is a production server) to
/opt/local/etc/php5/php.ini and then make changes.
 
If this is your first install, you need to activate PHP in your web server.
 
To enable PHP in Apache, run
  cd /opt/local/apache2/modules
  /opt/local/apache2/bin/apxs -a -e -n "php5" libphp5.so

指示通りにPHP設定ファイルを配置して、PHPをApacheに組み込みます。

$ sudo cp /opt/local/etc/php5/php.ini-dist /opt/local/etc/php5/php.ini
$ sudo /opt/local/apache2/bin/apxs -a -e -n "php5" libphp5.so

/opt/local/apache/conf/httpd.confを編集します。
DirectoryIndexにindex.phpを追加します。

<IfModule dir_module>
    DirectoryIndex index.html index.php
</IfModule>


httpd.confの最後に以下を追加します。

Include conf/extra/mod_php.conf

Apacheに設定を反映させます。

$ sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl graceful

PHPの動作をテストするために、~/Sites/info.phpファイルを以下の内容で作成します。

<?php phpinfo(); ?>


http://localhost/info.phpにアクセスして、PHPの動作を確認します。PHPの情報が表示されればインストール成功です。