nanoをMacPortsでインストール

gitでcommitをしようとしたら、nanoで日本語が表示できなかった。
Snow LeopardのnanoはUTF-8のサポートが有効になっていなかったので、MacPortsでnanoをインストール。

$ sudo port install nano
$ nano -V                                                              [~]
 GNU nano version 2.0.9 (compiled 12:06:31, Oct 27 2009)
 (C) 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007
 Free Software Foundation, Inc.
 Email: nano@nano-editor.org	Web: http://www.nano-editor.org/
 Compiled options: --disable-wrapping-as-root --enable-color --enable-extra --enable-multibuffer --enable-nanorc --enable-utf8


ということで、–enable-utf8になってます。

GIT_EDITORも指定。

export GIT_EDITOR=/opt/local/bin/nano

gitの発音

gitをジットと読んでたんですが、gifはジフでgimpはギンプ(ですよね)なんで、gitは?と思って調べました。

で、どうやら日本ではジットが多いらしい。
でも辞書ではギットになってました。
httpv://www.youtube.com/watch?v=j45cs5_nY2k
でもギットって言ってます。

というわけで、どうやらギットらしいという結論になりました。
のでこれからはギットと読むようにします。