Media TempleのGrid-Serviceを使ってみる

Media Temple Grid-Serviceを申し込んで、次の日にアカウント作成のメールが来たので、早速ログインしてみました。

これまではCORESERVER使ってましたが、mtはデザインに気合いが入ってて、全く違いますね。アカウント作成時に入力したPrimary Domain・Primary Email・Passwordを入力してログイン。
(mt) Media Temple - Support - AccountCenter Login_1232576152582 (mt) Media Temple : AccountCenter - Home_1232576754419

Media TempleのGrid-Serviceを契約してみた

Media TempleのGrid-Serviceを契約してみました。$20/month。

activateをクリック。

(mt) Media Temple - Web hosting - (gs) Grid-Service - Hundreds of servers for the price of one._1232503545923
まずドメインの設定。空欄に取得するもしくは持っているドメインを入力。私は持っているドメインを入力してI already own this domainを選択。次へ。
(mt) Media Temple - Activate._1232503595260  
コンタクト情報を入力。クーポンはMedia Temple Coupon Codesから。とりあえず月払いで。Payment methodを選択するとクレジットカード入力欄が表示されます。
(mt) Media Temple - Activate._1232503617644
これで完了。このあとオーダ受け付けたよメールが届きます。
(mt) Media Temple - Activate._1232504274281  
で、処理中と言うことで、また速度とか分かりません・・・。

UbuntuでSSHの設定

まずローカルマシンのMacで作業。 sshのキーを作成してlinodeへコピー。

$ mkdir ~/.ssh
$ ssh-keygen -t rsa
$ scp ~/.ssh/id_rsa.pub hoge@123.456.78.90:/home/hoge/

hogeユーザで再度ログイン。

$ ssh hoge@123.456.78.90

ここからリモートで作業。

$ mkdir /home/hoge/.ssh
$ mv /home/hoge/id_rsa.pub /home/hoge/.ssh/authorized_keys2
$ chown -R hoge:hoge /home/hoge/.ssh
$ chmod 700 /home/hoge/.ssh
$ chmod 600 /home/hoge/.ssh/authorized_keys

これでsshキーでログインできるようになった。

rootでログインできないようにするため、/etc/ssh/sshd_configを編集。
PermitRootLogin yes

PermitRootLogin no
にする。

$ sudo /etc/init.d/ssh restart

でsshを再起動。