PointRedのVPSのセットアップ

PointRedからVPSサーバの準備ができたとメールが来た。

で、忙しくて放置してた。

時間を作って少し作業してみた。

Pingは130ms程度。なかなか。

sshで接続。ポートはsshのみ開いている。

まずOSとカーネルのバージョンを確認。

# cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.4 (Final)
# uname -r
2.6.18-92.1.18.el5xen

rootアカウントが有効になっていて、まずは一般ユーザを作成しないといけない。sudoできるユーザを作る。
ユーザを作成するコマンドはadduserかuseraddかな。Ubuntuではホームディレクトリが追加される/されないの違いがあったような。CentOSでは

# ls -l /usr/sbin/adduser
lrwxrwxrwx 1 root root 7 Oct 26 14:27 /usr/sbin/adduser -> useradd

なので違いはないみたい。じゃぁホームディレクトリを作成するにはオプションつけるのかな。manを見てみると-mもしくは–create-homeつけるらしい(デフォルト動作で作成してくれそうだけど)。なので、useradd -m -G wheel -p password usernameでいいかな。

ということで、ユーザを作ってログイン。

SSHについては
@IT:止められないUNIXサーバの管理対策 第5回が参考になる。

SSHで作成したユーザがログインできるように設定。とりあえずWebminで。

PointRedのmini VPを契約してみた

TwitterでVPS使いたいってつぶやいたらPoint RedからRT来たので、mini VPSに突撃してみた。

miniじゃないけどPoint Redについて書いてるのは→
[PointRed]最終夜:ローカル接続とかLVはVPS非対応でもお勧め – ku-sukeのはてなダイアリーくらい?他に評価見てない…。

そういえば残り3個ってなってたけど、もう無くなってたらどうなるんだろ。再度追加?

冗長化!冗長化!とうるさいくらい書いてますね。速度も結構速いらしい。

RAM256+Swap256というのが少し少ないかな。Sinatra動かすくらいなら大丈夫かな。

利用開始は

VPSサービス
基本仕様のサービスをお申し込み下さった場合、弊社翌営業日までにご利用可能です。
オプションサービス(Pleskコントロールパネルや、マネージドサービス等)をご選択された場合、7営業日以内にご利用可能となります。Point Red – FAQ

ということです。ので、待機中。