AtomでRustのAuto Completion

RustのAuto completionをAtomで行うにはracerを利用する。

racerをcloneして

cd racer; cargo build --release
cp target/release/racer /usr/local/bin/racer

を実行する。

Rust公式サイトからRustのソースコードをダウンロードして/usr/local/src/rust/srcに置く。そのパスをRUST_SRC_PATH環境変数に設定する。

Atomでlanguage-rustパッケージとracerパッケージを検索してインストールする。

RustをMacにインストールしてHello World

今話題の言語RustをMacにインストールしてみる。

インストール方法のページによるとpkgのインストーラかシェルでコマンドを打ってインストールする方法があるらしい。

その他Homebrewでもインストールできるようなので、Homebrewでインストールしてみる。

$ brew install rust

以下のコードをhello.rsファイルで作成する。

fn main() {
println!("Hello World!");
}

このファイルを以下のコマンドでコンパイルして実行する。

$ rustc hello.rs
$ ./hello
Hello World!